二つのiPhone

iPhone修理でのバッテリー交換!PSE認証以外にも注目!

白いiPhone

iPhone修理というと、液晶画面の修理とバッテリー交換が多くなります。バッテリーは、毎日充電して使用することから寿命もあり、2年程度で性能が低下し始めます。メーカーやキャリア、正規修理プロバイダーでの交換が可能なものの、日数がかかるだけでなく、データも初期化されるといったデメリットがあり、なかなか依頼できないこともあります。
しかし、iPhone修理の専門店であれば、約30分程度で交換が可能であり、データも初期化されずに済みます。ですがiPhone修理でバッテリー交換を行う際、粗悪バッテリーには注意が必要であり、PSEマークのないものは避ける必要があります。iPhone修理用して使用されるバッテリーには、試験・認証費用が高いことからPSEマークの無いものが流通しており、問題となっています。特に個人経営で行うiPhone修理の専門店では海外から輸入したバッテリーを使うこともあり、注意が必要になっています。
しかしPSEマークのあるバッテリーだからといって安心できるものではなく、必ずPL保険加入の業者が販売するもの、もしくはiPhone修理の専門店がPL保険に加入しているかが重要になります。PL保険に加入している業者であれば、万が一の際にも保証が受けられ、泣き寝入りせずに済みます。PSEマークはあくまで安全性の認証であり、補償サービスのあるものではないことに注意しましょう。以上の点を踏まえた上で、専門店を選んでください。

ピックアップ


TOP

Copyright © 2018 iPhone修理をするなら迅速に対応してくれる千葉の業者がお勧め All Rights Reserved.